薬膳レシピで健康になる!あなたの体の体質を改善します。

病気の予防は体質に合った食材を。薬膳アドバイザー養成通信講座

当講座の修了証を取得された方は、日本中医食養学会認定の上位資格が取得できます。詳細はこちら

この講座の講座概要

体の中から元気になる!

自分にあった食事をとる

自分の体にあった食事をとる

私たちの周囲では手軽でおいしい便利な食べ物があふれています。反面、化学調味料や添加物などの影響で、アレルギー体質や冷え性、肩こり、更年期障害など、西洋医学では治りにくい症状を訴える人が増加しています。

なぜ体の不調に薬膳が効果的なのでしょうか。
それは体質・体調にあった性質の食べ物を摂取するからです。すべての食べ物には性質があり、食べることで体になんらかの作用を与えます。この性質を積極的に利用して食事をするのが薬膳です。

薬膳アドバイザー養成講座は、4ヶ月間で基礎から応用までを体系的に身に付くカリキュラムになっています。また、100種類以上のレシピを紹介した薬膳レシピ集も充実した内容になっています。

薬膳ではじめるカンタン健康生活

健康を維持するために重要なのは「毎日続けること」。薬やサプリメントの場合、とり忘れてしまうことがありますが、食事を忘れることはまずありません。また、同じ中医学を元にする漢方薬ほど効き目は強くありませんが、そのぶん体への負担もありません。だからこそ、薬膳は長く続けることができ、また続けることではっきりとした違いが現れてくるのです。

日々の食事で健康が保てるなら、高い医療費や健康食品代を払う必要もなくなります。医療費負担が増加し、自分の健康は自分で守らなければならない現代人にとって、薬膳は必須の知識と言えるでしょう。

まずは、あなた自身やご家族の体調管理・健康維持にお役立てください。毎日の食事で病気を予防・改善し、大切な人の体を守る、ホームドクターとして活躍できます。また、友人や同僚などに食事のアドバイスをしてあげても喜ばれます。
仕事やボランティアなら、料理・食事・健康に関わるさまざまな分野での活躍が期待できます。身につければ一生使える知識ですから、ぜひ、この機会に薬膳の基本を学んでください。

本格的な薬膳がみにつく

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

当講座が選ばれる理由

この講座は複雑な内容をわかりやすく整理、誰でも理解できるよう工夫しました。たった3冊のテキストだけで本格的な知識が体系的に身につくカリキュラムとなっています。

150種類の薬膳用食材や症状、原因別の処方を紹介

当講座のオリジナルテキストでは身近で手に入りやすいものを中心に150種類の薬膳用食材を紹介しています。また、季節や年齢、性別、症状・原因別に具体的な処方を紹介しているのですぐに実践できるようになります。

監修は本場・中国の国立北京中医薬大学日本校

当講座の監修は薬膳の本場、中国の国立北京中医薬大学日本校です。国立北京中医薬大学は中国にある公立の中医薬大学の最高峰に位置する唯一の国立中医薬総合大学で、日本校は同大学が認めている唯一の海外校です。日本校では国立北京中医薬大学本校と同じ内容が学べ、国際資格も取得できるシステムとなっています。

家族みんなで食べられる薬膳レシピが学べます!

薬膳は、毎日の食事で続けていくことが大切です。当講座には薬膳レシピ集がついてきます。このレシピ集には、簡単につくれて薬膳の効果が期待できる新井由加里先生のオリジナルレシピが、目的別・季節別・年齢別・体質別などテキスト内容に沿った形で100種類以上掲載されています。毎日の食事に役立つ誰でもすぐに作れるおいしい料理レシピ集です。

修了証も取得できます!

受講期間内に全課題を履修し、課題に合格すると、薬膳アドバイザー養成講座を履修した証となる修了証が取得できます(有料)。

実践セミナーを実施中

会員向けに実践セミナーを開催しています。講座講師である新井友加里先生や国際中医薬膳師/国際中医師といった先生方の直接指導が受けられます。テキストからさらに一歩踏み込んだ内容で、より深い薬膳の知識が得られます。受講生同士の交流もできるので、同じ目標を持つ仲間も見つかります!

セミナーの様子は、こちらをご覧ください。

※ 現在は、都内近郊のみでの開催ですが、今後は全国での実施を計画しています。

体の中からあたたまります。

薬膳シンプルレシピ

薬膳アドバイザー養成講座修了証

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

こんな方々にオススメします!

  • ● 主婦
  • ● 飲食店関係者
  • ● 調理師
  • ● 医療関係従事者
  • ● 介護士
  • ● ヘルパー
  • ● 薬局・薬店のスタッフ
  • ● 栄養士
  • ● 健康・自然食販売員
  • ● 教師・講師
  • ● セラピストカウンセラー
  • ● 薬膳レシピに興味のある方
  • ● 食関係の企業に就職を希望されている方

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

推薦者・監修者の声

講座の推薦者より

日本中医食養学会は、本格的な知識が学べるこの講座を推薦します!

中村きよみさん

日本中医食養学会最高顧問 中村 きよみ さん

私たち日本中医食養学会は、国立北京中医薬大学日本校の食養・薬膳養生学科の卒業生(国際中医薬膳師)を中心に平成6年に結成いたしました。以来、日本の気候風土にあった日本人のための食養、薬膳を普及すべく、プロフェッショナルとして活動しております。

このたび当学会と東京カルチャーセンターの「薬膳アドバイザー養成通信講座」は提携し、協力して活動することになりました。

この講座は、基礎知識をわかりやすく、誰でも学べるように工夫されたものです。テキストは当学会とつながりの深い国立北京中医薬大学日本校が監修されており、私たち国際中医薬膳師の目から見ても、とてもしっかりした内容になっております。これほどのものをご自宅で学習できる講座は、他には見当たりません。

これからは病気を治すのではなく、病気を予防する時代です。今までの「病気になってからの対応」ではなく、一歩進んで「病気にならないための方法」を知り、実践していくことが必須となるのではないでしょうか。それに一番ふさわしいのが薬膳であり、食養生の知恵だと私たちは考えております。そのために、ぜひこの講座で知識を身につけ、毎日の食事にお役立てください。

また、通信講座を修了された方を対象に、さらに上位資格を取得できる当学会の制度もご活用いただけることになっております。最終的には国立北京中医薬大学が認める国際中医薬膳師の資格まで取得可能になっておりますので、ぜひご活用ください。

日本中医食養学会(にほんちゅういしょくようがっかい) 略歴
健康に生きるうえで重要な課題である「食養」の研究と普及を目的に、1994年(平成6年)に国立北京中医薬大学日本校の卒業生を中心に発足。1.中医学理論に基づく薬膳・食養の研究開発、および普及活動の実践、2.中医薬膳、食養の専門家育成および教育機関登録制度の構築と講師派遣、3.中医薬膳の専門家に対する各種資格認定と認定証の発行、4.国内外の医薬大学、薬膳研究機関との交流による研究発表・情報交換の実施、5.中医営養学に関する文献・資料等の発掘と出版を活動方針に、学術大会の開催や薬膳指導員の資格認定、月刊新聞『薬膳・食養』の発行等幅広く活動を行っている。会長は国立北京中医薬大学日本校理事長でもある植松捷之氏。

監修者より

食事で体の機能回復や病気の予防を図ること

新井友加里先生

<監修> 国際中医薬膳師 / 国際中医師 新井 友加里 先生

薬膳とは、食材の性質や働きを用いて、食事で体の機能回復や病気の予防を図ることを目的とした食事のことです。滋養強壮効果のある生薬をたっぷり入れた薬臭い料理ではありません。「病気を予防して、元気で美しくありたい!」これは、誰もが望むこと。自分や家族はもちろん、友達等に簡単なアドバイスをしてあげられるようになると、とても楽しいですよ。

この講座では、基礎理論からスタートし、食材の性質や薬効を正しく学び、最終的には適切な食材や生薬を用いた食事を選べるようになることが目標です。中医学に興味がある人にも、興味深い内容です。わたしと一緒に勉強してみませんか?

新井先生のホームページ yucari's シンプル薬膳 »

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

薬膳アドバイザー受講生の声


小川弘子さん

この講座のおかげで主人の糖尿病の
症状がよくなった!

小川弘子さん

以前から東洋医学に興味があった私は、本を読んだだけで自分で勝手に診断して漢方薬を買ってきて飲み、胃を壊して胃カメラを飲むまでになってしまったという苦い経験があります。そんなときに「薬に頼るよりも日ごろの生活を見直すべきだ」と思い、この講座を学ぶ決意をしました。

講座で知識を身につけて食事を取るようになってからというもの、私自身の「冷え性」「貧血」「不正出血」が改善され、主人の糖尿病も血糖値が400から178と大幅に下がり、体重も78キロから69キロまで減らすことができました。子どもが体調を崩したときなども買い置きの野菜で一時的に症状を抑えたり、体質に合わせてお茶や入浴剤を工夫したりと、いろいろと知識を活用しています。

現在は漢方についても勉強を始めていて、ゆくゆくはこうした知識を活かした仕事ができれば、と思っています。すばらしい講座で学ばせていただいて本当に感謝の思いでいっぱいです。ありがとうございました。

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

教材内容

薬膳講座の教材構成

教材

※改訂のため教材の仕様を変更する場合があります。

  • ● テキスト1「薬膳の基本と中医学」
  • ● テキスト2「食材・生薬の知識」
  • ● テキスト3「体質・症状別薬膳の実践」
  • ● テキスト別冊「薬膳・中医学用語辞典」
  • ● ガイドブック
  • ● 添削課題
  • ● 提出用紙集・質問用紙
  • ● 薬膳シンプルレシピ100
  • ● DVD1枚( 講義編・料理編 )

薬膳の知識が、基礎から実践まで体系的に身につきます

薬膳

テキスト1 薬膳の基本と中医学

まずは薬膳を理解し、実践するための下地をつくります。言葉の意味や中医学との関連性、現代栄養学や西洋医学との違い、基本的な考え方や診断法などを学びます。

テキスト2 食材・生薬の知識

食材と生薬の知識や処方の理論を学び、薬膳を活用するための知識を身につけます。150種類に及ぶ食材・生薬の効能や適応性、レシピなどを掲載しています。

テキスト3 体質・症状別薬膳の実践

体質や症状に応じた処方を学び、具体的に実践していきます。胃痛、カゼ等の症状について、体質や症状の原因別にオススメの食材や生薬、食事のつくり方を紹介しています。

薬膳アドバイザー講座の流れ

まずはガイドブックを読み、講座の進め方を把握して下さい。

講座の流れ

1ヶ月目

テキスト.1 薬膳の基本と中医学

○第1回課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

下矢印

講座の流れ

2ヶ月目

テキスト.2 食材・生薬の知識

○第2回課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

下矢印

講座の流れ

3ヶ月目

テキスト.3 体質・症状別の実践

○第3回課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

下矢印

講座の流れ

4ヶ月目

テキスト.1~3 総復習

○第4回課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

下矢印

講座の流れ

修了証取得

すべての課題に合格

全4回の課題を提出し、修了証の申請をされた方に、修了証を発行します。

講座の流れ

通信講座のお申込み

当社分割払い

37,500円(税込)

月々わずか3,750×10回

一括払い

37,000円(税込)

  • 東京カルチャーセンター公式facebook

楽学ネットでは、お客様により安全にご利用頂けるよう、”SSL”を用いた暗号化を施し、通信の秘匿性を高めています。

ページトップへ