楽学ネットは、みなさまの学びをサポートする通信教育・通信講座の総合サイトです。

通信講座セミナーレポート

介護食会員向けセミナー 〜症例に合わせた介護食〜

▼2014年6月14日(土)東京学院 1F教室(東京・千代田区)

終了課題を例に、山田晴子先生が介護食の献立作成の考え方を解説

セミナー風景1

梅雨の晴れ間となったこの日は、朝から電車遅延があり大変でしたが、無事時間通りに始めることができました。

1時間目は山田晴子先生の講義です。最終課題を例にして、どういう風に介護食の献立を考えていくか、主食から順に主菜、副菜、汁物、おやつと解説してくださいました。また高齢者にありがちな低栄養について、とくに血清アルブミン値とコレステロール値について説明してくださいました。

また、テキストでも説明していますが、山田先生は何度も「食事で季節感が感じられるよう、旬のものを取り入れるようにしてください」とくり返していらっしゃったのが印象的でした。

受講生交流会には山田先生も参加してにぎやかに

セミナー風景3

最後に行った受講生交流会では、3班に別れて自己紹介から始めました。途中から山田先生もそれぞれの班に時間を区切って加わり、さまざまな質問を受け付けたり、新しい情報を説明したり、逆に参加者が先生に介護の現場の話をお伝えしたり。

時間いっぱいまで話は盛り上がり、最後は別れを惜しむ声もあちこちで聞かれるほど、とても有意義な時間を過ごすことができました。

※今後も介護食アドバイザー養成通信講座の会員向けセミナーを開催する予定です。詳細が決まり次第お知らせいたします。

講座の案内へ

介護食講座はこちら

ページトップへ