楽学ネットは、みなさまの学びをサポートする通信教育・通信講座の総合サイトです。

通信講座セミナーレポート

薬膳実践セミナー〜冬の養生薬膳〜

▼2014年11月20日(木)東京学院 1F教室(東京・千代田区)

何を食べてどう過ごすかなど、冬の養生について新井先生が詳しく解説

セミナー風景1

今回は、薬膳講座 講師の新井友加里先生による2時間の講義がメインです。平日開催のこの日はあまり参加者は多くなかったのですが、そのぶん新井先生と受講生のみなさんとの距離が近く、密度の濃いセミナーとなりました。

1時間目は「冬の養生薬膳」ということで、中医学的に見たときに冬はどんな時期なのか、その間をどのように過ごすべきか、どんなものを食べればよいのかなどを、テキストよりも詳しく掘り下げて説明していただきました。とくに冬は「腎をいたわるのが良い」ということで、万人向けの体を温める(腎を温める)食材や、陰虚の人向けの腎陰を補う食材について教えていただきました。

また、冬に活発になる寒邪(かんじゃ)や風邪(ふうじゃ)がどのように体内に入ってくるのかや、それに対抗するための食べものなど、冬に多い症状とその対処法なども解説していただきました。

(写真は、9月に発売されたムック本の中から新井先生監修の冬におすすめの薬膳鍋を紹介しているところです)

新井先生直々にみんなで舌診していただいた受講生交流会

セミナー風景3

授業のあとは新井先生と受講生のみなさんで交流会を行いました。今回は「人数が多くないので特別」ということで、新井先生が受講生全員の「舌診」をしてくださいました。一人ひとりの舌を見て、表面がどのような状態になっているか、それによってなにが導き出されるかを説明していただきました。新井先生はもちろん、みなさんにも見てもらいながら舌を「べー」と出しての舌診はちょっと恥ずかしくもありましたが、実際に舌の状態を見ながらの診断はとても勉強になりました。
この他にもいろいろと新井先生に質問したりお互いの状況を報告しあったりして、時間いっぱいまで交流会は続きました。

※今後も薬膳アドバイザー養成講座の会員向けセミナーを開催する予定です。詳細が決まり次第お知らせいたします。

講座の案内へ

薬膳講座はこちら

ページトップへ