日本刀の神髄名刀コレクション 日本アンティックギャラリー

名刀コレクション 日本アンティックギャラリー
トップ >>  日本刀部位の名称と意味
日本刀無料カタログ請求
部位の名称と意味
【鞘(さや)】

刀身を納める筒。刀身を保護する役割がある

【鐺(こじり)】

鞘の先端の部分

【下緒(さげお)】

刀を帯に巻くためのひも

【鯉口(こいくち)】

鞘の口の部分

【鍔(つば)】

刀身と柄の間に装着されている部分。柄を握る手を防御するもの

【柄頭(つかがしら)】

柄の先端の位置にある金属製の部品

【柄(つか)】

刀身を握る為の部分

(はばき)】

刀身が鞘から抜け落ちないようにするためのもの

【目貫(めぬき)】

目釘の頭部の装飾化された部分

【柄巻(つかまき)】

柄を鮫皮で包み、巻いた部分

【縁金(ふちかね)】

柄頭の逆側につけられる金具

【笄(こうがい)】

鞘の差表にさしておく箸状のもの。髪をなでつけるのに用いる

【小柄(こづか)】

鞘の差表(さしおもて)にさしてある小刀の柄

【刀身(とうしん)】

刀の鞘(さや)におさまる部分

【切先(きっさき)】

刃の先端部分

【刃紋(はもん)】

焼き入れによって刀身にできる刃の模様

【鎬(しのぎ)】

刀の刃と棟との間にある刀身を貫いて走る稜線