Scratch(スクラッチ)で学ぶ小学生のためのプログラミング通信講座

いま小学生に大人気のプログラミングが、自宅にいながら学習できる!

キッズプログラミング入門通信講座

プログラミングのスキルが小学生でも、自宅でやさしく身につきます! 小学生から受講OK 自分のペースで学習できます キッズプログラミング入門講座 会員専用ページはこちら

講座概要

なぜ小学生からプログラミング学習が必要?

小学生からプログラミングが必要

いま世界的に「子どもにプログラミングを学ばせよう」という動きがあるのをご存知ですか?

日本では、平成24年度から中学生でプログラミングの授業が必須になりました。アメリカでは当時、バラク・オバマ大統領が「将来私たちの生活をより便利で豊かにするためにも若者にコンピューターサイエンスの学習をして欲しい」とプログラミングの重要性を訴えました。

では、なぜここまでプログラミング学習が注目されているのでしょうか?それはプログラミング学習を通じて、ITスキルだけではなく論理的思考力や問題解決力なども身につくといわれているからです。

そんな社会人になってからでも役立つスキルが、小学生のうちに遊び感覚で身につけられるのが「キッズプログラミング入門通信講座」です!

プログラミング学習で身につくスキル

理論的思考力、問題解決力、創造力

プログラムは正しく書くと必ず正常に動きますが、逆に少しでも記述を間違えると動かなくなったりエラーが発生したりします。論理的な規則に従ってコードを書くことで、物事を筋道立てて考える力が身につきます。

プログラミングを組むうえでエラーはつきもの。エラーを直すためには、問題発生の原因を推測して、解決できるように修正していきます。この作業を繰り返すことで、問題解決能力を養うことができます。

当講座で学んだことを通じて、オリジナルゲームも作ることも可能。「こんなゲームがあればおもしろいはず」そのアイデアを、自分でプログラミングをして形にする創造力も身につきます。

世界的に注目のプログラミング学習が、自宅で楽しくやさしく学べます

キッズプログラミング通信講座

当講座は子ども向けプログラミング言語としていま話題の「スクラッチ」を使い、プログラミングの基礎を学習できる通信講座。インターネットにつながったパソコンがあれば、自宅がプログラミング教室になります。

世界的に子どものプログラミング教育が注目されているいま、お子さまの将来のためにもぜひプログラミング学習をおはじめください。

スクラッチってなに?

スクラッチ(Scratch)とは

・子ども向けに開発されたプログラミング言語

・子供たちがプログラミングをして、世界中の人々と作品を共有できるオンラインコミュニティ

のこと。アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)でつくられました。ブロックを組み立てるようにしてプログラミングができるので、誰でも簡単に使えるようになります。

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

当講座が選ばれる理由

テキストにそって作るだけ!

当講座では「プログラムとは」といった専門的な説明はいっさいありません。簡単なプログラムを組んで動かすことから始めます。プログラムは「楽しい!」「おもしろい!」ということをまず実感してから、だんだんと難しいプログラムを組んでいくカリキュラム。ですから、飽きずに最後まで学習が進められます。

プログラミング教室と同じ内容が自宅で学べる!

テキストは実際にプログラミング教室で教えているのとほぼ同内容。楽しみながら学習できるように練りに練られたカリキュラムです。プログラミングの行程をひとつずつていねいに解説しているので、途中でわからなくこともありません。また、内容はすべて小学校の先生数名が厳しくチェック。子どもでも理解できる説明方法や表現を用いています。

親子で学ぶための情報冊子もご用意!

当講座では、保護者向けのテキストやQ&A BooKもご用意。これらは万が一お子さまが学習でつまずいても手助けできるように作られたもの。いわば、親子で学ぶためのテキストです。いっしょに学習することで、お子さまに教えることもできますし、お子さまの学習モチベーションのアップにも繋がります。

*これらのテキストはmeclib(メクリブ)という電子ライブラリーサイトにご用意しています。ご入会後にご利用いただけますので、ぜひご活用ください。

プログラミングサンプル集で学習の幅が広がる!

サブテキスト「作って遊べるプログラミング集」には、小学生向けプログラミング道場の主催・運営をしている宮島衣瑛(みやじまきりえ)氏の作品を収録。学んだ技術を応用することで、プログラミング技術がさらに高まります。

宮島衣瑛氏 略歴
小中学生向けのプログラミング道場、CoderDojo Kashiwa代表。
TEDxKids@Chiyoda2014スピーカー。WebやiOSアプリの開発にも携わっている。

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

教材内容

だれでも簡単!スクラッチでプログラミング

スクラッチでプログラミング

こちらがスクラッチの画面です。プログラミングを作るには、画面の中央にあるブロックをクリックして、右側のエリアにおいて組み合せるだけです。

パズルのようにピースをはめていくようにすると、自然とプログラムが組めている仕組みになっています。

※この画面には「猫に四角を書かせるプログラム」が載っています。

スクラッチでプログラミング

ネコに四角を書かせるには

  • 1)線を引く
  • 2)90度曲がる
  • 3)線を引く
  • 4)90度曲がる

と、線を引いて90度に曲がるを4回繰り返せばできあがります。実際にスクラッチで組むと、右のようになります。

教材構成

教材

※改訂のため教材の仕様を変更する場合があります。

  • スタート準備ガイド
  • テキスト1~4
  • サブテキスト『作って遊べるプログラミング集』
  • コマンドカード
  • ガイドブック
  • 添削課題
  • オンライン教材
  •  お父さんとお母さんのためのプログラミング入門
  •  困ったときの!Q&A BooK

キッズプログラミング通信講座の流れ

まずはガイドブックを読み、講座の進め方を把握して下さい。

講座の流れ

1ヶ月目

テキスト.1 四角を描く/円を描くなど

○確認テスト1提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

下矢印

講座の流れ

2ヶ月目

テキスト.2 ネコたたきゲーム

○確認テスト2提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

下矢印

講座の流れ

3ヶ月目

テキスト.3 シューティングゲーム

○確認テスト3提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

下矢印

講座の流れ

4ヶ月目

テキスト.4 レーシングゲーム

○確認テスト4提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

下矢印

講座の流れ

5・6ヶ月目

サブテキストを参考にゲームを自作しよう!

講座の流れ

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

監修者の声

未来のこどもたちに必要なのはプログラミングの能力です!

谷和樹先生

<監修協力> 谷 和樹 先生

「2011年度にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」

これは、アメリカのデューク大学の研究者、キャシー・デビッドソン氏がニューヨークタイムズ紙のインタビューで語った予測です。

イギリスのオックスフォード大学で人工知能などの研究をしているマイケル・A・オズボーン准教授も「今後10〜20年程度で約47%の仕事が自動化される」と予測しています。

その時代を生きていく子どもたちは、今私たちが想像しているのとは別の能力を必要とする可能性が高いのです。そうした未来の能力として重要なものの1つが情報通信技術の活用能力やプログラミングの能力です。

そうした中で、日本でのプログラミングの学習は、諸外国に比べて遅れていると言わざるを得ません。市販の子ども向け学習本などもありますが、プログラムなどまったく経験が無い親や子どもにとっては難しすぎるものがほとんどです。塾や教室、ワークショップに子どもを連れていくようなことも、なかなか機会が持てないというご家庭が多いのではないでしょうか。

そんなお母さんやお父さん、子どもたちが「これなら自宅で気軽にプログラミングに慣れ、感覚的に理解していける!」と感じていただけるようにつくられたものがこの教材です。学習ステップの段差を極端に低くし、最初からつまづいていやになるようなことがないように組み立てられています。

あきることなく、楽しく、しかも効率的に学べるこの講座を強くお勧めします。

谷和樹先生 略歴
北海道札幌市生まれ。玉川大学教職大学院教授。「インターネットランドを使った授業を創る」(明治図書)、「失敗しないインターネット活用の授業-インターネット授業・指導の基本」(NECメディアプロダクツ)、他著書多数。

通信講座のお申込み

当社分割払い

37,500円(税込)

月々わずか3,750×10回

一括払い

36,000円(税込)

  • 東京カルチャーセンター公式facebook

楽学ネットでは、お客様により安全にご利用頂けるよう、”SSL”を用いた暗号化を施し、通信の秘匿性を高めています。

ページトップへ