楽学ネットは、みなさまの学びをサポートする通信教育・通信講座の総合サイトです。

森から生まれた楽器"コカリナ"を吹いてみませんか?

コカリナ通信講座

講座概要

木のぬくもりと澄んだ音色が楽しめます!

コカリナ通信講座

コカリナってなぁに?

コカリナはもともと「桜の木でできたオカリナ」と呼ばれる東欧ハンガリーの民族楽器でした。その音色に魅せられた音楽家・黒坂黒太郎先生と日本の木工家によって、様々な改良が加えられ、精度の高い楽器として誕生。1995年、黒坂先生によって「コカリナ」と命名され日本に紹介されます。

そして長野オリンピックの際、道路建設によって伐採された木からコカリナを製作、オリンピック会場で子ども達が演奏することによって多くの人々に知られるところになりました。

また、広島の被爆樹や東日本大震災の被災樹をはじめ、各地の伐採木が黒坂先生によってコカリナとして生まれ変わりました。こうした取り組みから、環境問題のシンボルとしても大変注目を集めています。

美しい音色の秘密

この素朴な外見からおもちゃのように誤解されるのですが、実は木という、温度や湿度によって変化する繊細な素材を”楽器”として成立させるのはとても難しいこと。バイオリン製作に高度な技術が必要なのと同様、コカリナ製作にも黒坂先生と日本の木工家の技術の粋がつくされています。

あなたもぜひこの”コカリナ”を吹いてみませんか?聞きなれたメロディも、コカリナで吹けばきっと新しい楽しみが発見できるはずです!

コカリナの演奏を動画で見てみよう!

黒坂黒太郎先生の演奏 ひばり
コカリナ合奏団の演奏 浜辺の歌

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

講座内容

指使いがひと目でわかる運指表つき。どなたでも無理なくマスターできます。

とてもシンプルで機能的な指使い!

コカリナは6つの指穴しかありませんので、左右合わせて6本の指だけを使って演奏します。小さなお子さんでもきちんと指が届きますし、他の笛に挑戦して薬指が上手く動かせなかったという方も無理なく吹くことができます。

運指表付きなので楽譜が苦手でも安心

運指がとても機能的にできているので、他の笛なら指を同時に3本も動かさなければならないところを1本でできたりして大変痛快です。

しかも指使いがひと目でわかる運指表がありますので、楽譜が読めない方でも見よう見まねで始められます。最初は運指表と楽譜を照らし合わせながら音を出してみましょう。吹いているうちに楽譜の知識も自然と身についていきます。

コカリナ通信講座

コカリナにピッタリの楽曲が50曲以上!

黒坂先生の実演で初歩から学べます。

コカリナ通信講座

コカリナ教則DVD対応 吹き方の手引き

当講座の学習はこの冊子を読みながら進めていきます。「コカリナ教則DVD」と完全連動しており、DVDを観ながら読むことで黒坂先生の解説や実演がより理解しやすくなります。あなたがコカリナの世界にすんなり入れるよう工夫をこらしています。


コカリナ通信講座

コカリナ教則DVD

コカリナの持ち方や吹き方など初歩の初歩から、練習方法、模範演奏まで、黒坂先生の解説と実演が収録されています。

「吹き方の手引き」掲載の運指表を合わせて観れば、コカリナの指使いも一目瞭然!先生のまねをして練習するうちに、はじめての方でも自然と楽譜の知識まで身につきます。

コカリナ通信講座

楽譜集『コカリナ教則本&練習曲集』

コカリナの基礎知識、演奏方法、運指表をはじめ、童謡・唱歌から外国の民謡、クラシックの小曲など、どなたにでもなじみ深い楽曲を難易度順に52曲掲載しています。

NHK「なぞ解き歳時記」のテーマ曲「森の精が歌う時」をはじめ、黒坂先生がコカリナのために手がけた楽曲が16曲含まれ、まさにコカリナの習得にピッタリの練習曲集です。

コカリナ通信講座

CD『コカリナ教則本&練習曲集』

楽譜集に掲載されている楽曲のうち20曲を収録。DISC1には初心者が練習しやすいよう、オルガンとグロッケン(鉄琴)の演奏が収録されています。グロッケンの音に合わせてリズムをとりながらタンギング(トゥーと発音しながら息を吹き込む)をし、オルガンの音で音程をとりながら演奏します。DISC2はピアノ伴奏によるカラオケになっており、演奏を披露する時にも活用できます。

添削指導

受講中3回の添削指導が受けられます。あなたの演奏を録音して提出すると、黒坂先生をはじめとする日本コカリナ協会認定講師の先生方が指導内容を書いてお戻しします。あなただけのためのアドバイスが受けられるので、どんどんステップアップ!わからないことがあっても「質問用紙」でいつでも質問することができるので安心です。

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

監修者紹介

黒坂黒太郎先生

<講師> 黒坂 黒太郎 先生

1949年、長野県上田市生まれ。大学卒業とともに作詞、作曲、フォークシンガーの道に入る。1995年、ハンガリーの民族楽器「桜の木のオカリナ」に魅せられ、日本の木工家と共に楽器として精度の高いものに改良し、「コカリナ」と命名。その後長野オリンピックで伐採されなければならなかった木からコカリナを製作し、表彰式で子ども達と演奏。

東日本大震災以降は、全国100ヶ所以上で支援コンサートを展開。被災した木をコカリナにして子ども達にプレゼントするなどの支援にに積極的に取り組んでいる。NHK「なぞ解き歳時記」テーマ曲、NHK総合テレビ自然ドキュメント「荒川」テーマ曲、作曲・演奏。その他テレビのBGMを多数手がける。NPO法人日本コカリナ協会会長。

黒坂 黒太郎 先生ホームページ|コカリナの世界へようこそ
http://www.kocarina.net/

教材構成

教材

※改訂のため教材の仕様を変更する場合があります。

  • ソプラノコカリナ(C管)
    L・R管(副管)、連結棒付属
  • コカリナ教則DVD
  • 吹き方の手引き
  • 楽譜集『コカリナ教則本&練習曲集』
  • CD『コカリナ教則本&練習曲集』
  • ガイドブック(添削券、質問用紙含む)
  • 提出用カセットテープ3本
  • 添削指導/3回
  • ※受講期間は6ヶ月です(さらに半年間無料延長可)

通信講座のお申込み

当社分割払い

45,600円(税込)

月々わずか3,040×15回

一括払い

45,000円(税込)

  • 東京カルチャーセンター公式facebook

楽学ネットでは、お客様により安全にご利用頂けるよう、”SSL”を用いた暗号化を施し、通信の秘匿性を高めています。

ページトップへ