食生活管理士通信講座は、あなたの家族の食の改善をサポートし生活習慣病から家族を守ります。

食生活管理士通信講座

食生活管理士通信講座の概要

食生活のアドバイザーとして治療から予防へを実践!

食生活管理士通信講座

正しい知識で家族を守る

野菜を買うとき「無農薬栽培」「有機栽培」といった表示を目にすることがあります。この表示があるとなんとなく安全で安心という感覚をもちますが、何がどう違っているのかご存知ですか?「JASマーク」や「等級JASマーク」という表示の違いも改めて問われるとうまく答えられるでしょうか?

「食の知識」は、健康や食の安全にも関わる大きな問題です。「食生活」を見直し、正しい食の知識を身につけることで、健康で安心して暮らすための知恵を身につけることができるのです。

食生活管理士通信講座で食生活のスペシャリストに!

ふだんの暮らしの中で「安全な食」をどのように選ぶか。また、危険な食品から、どのように家族を守っていくのか。「食生活管理士養成通信講座」なら食生活のスペシャリストとして的確にアドバイスできる知識を基礎から実践までしっかり見につけることができます。

食生活管理士通信講座で食生活に関することすべて学べます!

食生活管理士通信講座

食生活管理士通信講座では、食と健康に関することが知識ゼロからでもひと通りすべて学べます。ここまで幅広い分野の内容を、これだけの冊数にまとめたものは、他にはありません。

食生活管理士通信講座のテキストは、他では絶対に手に入らない完全オリジナルのテキストです。ぜひ各巻の内容をご確認ください。

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

食生活管理士通信講座が選ばれる理由

食生活を管理することは、単に食事内容を考えればよいというものではありません。食を基本として健康な体を作っていくのが目的ですから、食を取り巻くさまざまなことを知っておくのが理想的です。そのため、食生活管理士になるためには栄養学の基礎から食品のとり方、生活習慣病の特徴や予防法、運動やストレス、食の安全など幅広い分野の知識を身につける必要があります。

そこで当講座では、必要な情報だけを選んでわかりやすくまとめ、誰でも無理なく学べるように工夫しました。

食生活を見直し、生活習慣病を防ぐ

最近増加している「脂質異常症(高脂血症)」「糖尿病」「高血症」などは毎日の食事を見直すだけで改善したり予防したりすることができます。「食生活管理士養成通信講座」では、何をどのくらい食べればよいか、具体的な症状を例にとり、その予防や注意点を詳しく学ぶことができます。

「運動」「栄養」「休養」で健康な毎日を!

健康な毎日を目指すなら食べ物=栄養だけでなく、適度な「運動」や「休養」も欠かせません。運動・栄養・休養の3要素は、どの要素が多くても、少なくても健康を脅かす原因となります。生活習慣の3つのバランスを保てば、生活習慣病のリスクを減らすことができます。自分の体力や体調を考慮しながら無理のない運動習慣が身につくのも当講座の特長です。

在宅で資格取得できる!受験料不要!

受講期間内に全課題に合格すれば、資格を取得した証である「修了証(認定証つき)」を発行します(有料)。履歴書にも書ける民間資格として、就職やキャリアアップにぜひご活用ください。※認定証は名刺サイズです。

食生活管理士講座テキスト内容

食生活管理士通信講座の修了証と認定証

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

食生活管理士通信講座をオススメします!

  • ● 主婦
  • ● 食品メーカー、飲食関係者
  • ● 医療関係従事者
  • ● 保育士、栄養士、看護士
  • ● スポーツインストラクター
  • ● 食関係の企業に就職を希望されている方

食生活管理士通信講座 監修者の紹介

<監修> 食文化研究家 / 西武文理大学客員教授 永山 久夫 先生

自分の健康は自分で守る

永山久夫先生

「自分の健康は自分で守る」。そうです。健康自己管理の時代がやってきたのです。病院に行く前に、食べ物の選択で病気になるのを防ぐ。そのためには、普段から免疫力や自然治癒力、そして生命力を強くしておく必要があります。

人はだれでも老化を防ぐことはできません。しかし、遅らせることは可能です。酸化しづらい体を作ることです。老化は一言でいうと、活性酸素による脳や体の細胞の酸化にほかなりません。

では、具体的にどう食べれば健康で長生きできるのか。その大きな大きな「道しるべ」が当講座なのです。ご自分の健康にとどまらず、社会的にもおおいに役立ててください。

永山久夫先生 略歴
1932年生まれ。食文化史研究家、西武文理大学客員教授。古代から明治時代までの食事復元に長年携わり、NHK大河ドラマでも食膳を再現するなど、食文化史研究の第一人者。長寿村の食生活の調査・研究をライフワークとしている。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌をはじめ、講演活動でも活躍中。著書に『長寿食 365日』(角川書店)、『頭イキイキ血液サラサラ食事術』(講談社)、『日本人は何を食べてきたか』(青春新書)など多数。

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

食生活管理士通信講座の受講生の声

山口貴子さん

ゆっくり自分のペースで勉強できました

山口貴子さん

この講座を受けようと思ったのは、家族のための食事内容をもっと良いものにしたくて勉強したかったのと、私自身30歳をすぎて、自分の体の事が気になりだし、ずっと健康で長生きしたいと思ったからです。

また、この講座には「食事日記」という毎日食べたものを簡単に記録するものがあり、減量にもつながると思いました。勉強は、子供が寝てから30分程やるようになりました。育児や家事で疲れて無理な時、時間のない時は、勉強しない日もありましたが、6ヶ月間は延長できるとの事でしたのでゆっくり自分のペースで勉強できました。

やはり、食事日記の効果は大きいもので、食事の管理もやりやすく、産後ということもあったのですが、健康的に減量することができました。また、妊娠中や授乳中でのカロリー摂取内容もわかりやすくテキストにあり、実行しやすかったです。この講座を終える頃には自然とどの栄養素をどれくらい食べればよいかを考えて食事が作れるようになっていました。

また、食の安全性や食品表示も学べたので、小さな子供が2人いる私にとっては、買い物の時にとても役立っています。今後、育児が一段落したら、福祉関係の仕事や、人を癒すことができるマッサージの仕事に興味があるので、ぜひこの講座で学んだことを活かしていきたいと思います。

藤田美加さん

「食べることは生きること」
今ではダイエットサロンを開いています。

藤田美加さん

私がこの講座を学んだきっかけは、自分自身がダイエットに挑戦し、その中で「食生活が一番大事」ということに気づき、きちんと学びたいという思いからネットで色々調べ「食生活管理士通信講座」を見つけたことでした。

通信講座を受講することが初めてだったので不安もありましたが、"とにかく挑戦してみよう!"と申し込みました。教材が届き、勉強を始めるとテキストがとてもわかりやすくまとめられ、学んだことが普段の生活の中で即実践することができるので、ダイエット後の私にとってリバウンド防止につながりました。

今ではダイエットサロンを開き、その中でお客様へ食生活のアドバイスをさせて頂いております。また、妻そして2児の母として家族の健康維持に役立たせています。「食べることは生きること」この講座を受講して私はこのことをあらためて実感し、生きていくうえでとても大事なことを学ぶことができ、チャレンジして本当によかったと思っています。

「食生活管理士」は正直言ってあまり知られていないものですが、ぜひ多くの方にこの講座を知ってもらい、よりよい食生活、そして健康を手に入れてほしいと思います。

講座に少しでも興味をお持ちの方

資料請求はこちら

ページトップへ

食生活管理士通信講座の教材内容

食生活管理士通信講座の教材構成

教材

※改訂のため教材の仕様を変更する場合があります。

  • ● テキスト1「食物と栄養」
  • ● テキスト2「食物の効能・調理法」
  • ● テキスト3「生活習慣病の予防」
  • ● テキスト4「健康な体作り」
  • ● テキスト5「食の安全と環境」
  • ● 食事日記1・2
  • ● 別冊資料「食品交換表」
  • ● ガイドブック
  • ● 添削課題 / 課題提出用紙集・質問用紙

大事な家族の健康は毎日の管理から!

栄養、運動、ダイエット、病気予防…

食生活管理士通信講座

テキスト1 植物と栄養

まずは、食生活管理士としての土台をしっかりと築くために「栄養とはなにか」「献立はどのように組み立てればよいのか」という初歩から学びます。そのうえで、カロリーコントロールに便利な日本糖尿病学会作成の「食品交換表」を使った献立作成方法を身につけます。

テキスト2 食物の効能・調理法

体を作り、エネルギーのもとになる三大栄養素やビタミン・ミネラルなどの微量栄養素について学びます。また、食物を6つの食品群にわけ、それぞれの代表的な食べ物についての特徴を理解します。ほかに食品成分表の利用方法やアレルギーでの除去食・代替食についても学習します。

テキスト3 生活習慣病の予防

生活習慣病とはなにか、どうして起こるのかを知り、改善するための行動療法や食事分析を行います。具体例として、高血圧症、心臓病、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、痛風、腎臓病、貧血症、骨粗しょう症、胃腸病、嚥下障害のほかに子どもの生活習慣病についても紹介しています。

テキスト4 健康な体作り

おいしく食べる環境を作るために、食生活管理士は食事に関することだけでなく、運動やストレスも管理する必要があります。そこで、年齢にあった運動方法や老化予防の体操、睡眠やストレス、ダイエットなど食と健康に関する幅広い知識と改善方法を学びます。

テキスト5 食の安全と健康

食品表示や流通など、現代の食をとりまく状況について学習します。食の汚染や事故から身を守る方法を知り、マスコミの情報操作に踊らされず、自分自身の判断で安全な食を選ぶ力を身につけます。ここまで学べば、あなたはもう食生活管理士としての実力がついているはずです!

食事日記

食生活管理士としてより的確なアドバイスができるよう、まずは自分の食事内容を記録してみます。毎日なにをどれだけ食べたのか客観的に把握でき、栄養の過不足がひとめでわかります。また、食事日記をつける前と後で、食事内容や体重、体型、体調の変化が実感できます。

食生活管理士通信講座講座の流れ

まずはガイドブックを読み、講座の進め方を把握して下さい。

講座の流れ

1ヶ月目

テキスト.1 食物と栄養

○第1回課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

講座の流れ

講座の流れ

2ヶ月目

テキスト.2 食物の効能と調理法

○第2回課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

講座の流れ

講座の流れ

3ヶ月目

テキスト.3 生活習慣病の予防

○第3回課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

講座の流れ

講座の流れ

4ヶ月目

テキスト.4 健康な体作り

○第4回課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

講座の流れ

講座の流れ

5・6ヶ月目

テキスト.5 食の安全と健康

○第5回課題提出 ▶添削指導 ○修了課題提出 ▶添削指導 ○質問(随時) ▶回答

講座の流れ

講座の流れ

講座の流れ

修了証取得

すべての課題に合格

全6回の課題を提出し、修了証の申請をされた方に、修了証を発行します。

講座の流れ

通信講座のお申込み

当社分割払い

37,500円(税込)

月々わずか 3,750×10回

一括払い

37,000円(税込)

  • 東京カルチャーセンター公式facebook

楽学ネットでは、お客様により安全にご利用頂けるよう、”SSL”を用いた暗号化を施し、通信の秘匿性を高めています。

ページトップへ