長光(備前)日本刀の神髄名刀コレクション 日本アンティックギャラリー

名刀コレクション 日本アンティックギャラリー
トップ >> 長光(備前)
日本刀無料カタログ請求
見事な長船の波文、鍔も地鉄も鍛えが冴え、名刀匠の誉れ高い一刀。長光(備前)

鎌倉時代に出現した長船派は、光忠を租として長船の地に栄えた。

光忠の跡を継いだ二代長光は、頭領として一門の勢力を不動のものに築いた備前鍛治の巨峰で、左衛門尉と称した。長船派中作品も最も多く、作域も広いことで知られている。

作風は踏張りあって、先細るものには、焼き幅の狭い直刃丁子、先細らぬものには、焼き幅の広い直刃丁子、豪壮な猪首切先のものには、大丁子乱れを焼く。地鉄はよく練れて大肌まじり、見事な丁子映りを焼くのが特色。

現存する古名刀のうち、長光ほど多くのすぐれた作品を残した刀匠は他にその例は少ない。長光(備前)

部位の詳細
刀身

長光備前 刀身
◆丁子乱れ刃文
◆原作作風:丁子乱れ刃文の華麗なもの
◆樋入(大小共)
◆特殊合金製居合用古刀造り(大小共)
<大刀>
◆刃渡り/二尺三寸五分(約71 cm)
◆反り/五分五厘(1.7 cm)
◆抜身目方/約900 g
<小刀>.
◆刃渡り/一尺五寸(約45 cm)
◆反り/四分五厘(1.4 cm)
◆抜身目方/約580 g
柄と鞘
長光備前 柄
◆柄/本鮫地に純綿鶯色捻系ひねり巻
◆下緒/柄糸に同じ
◆鞘/黒塗蝋色
◆柄寸法/大刀=八寸 (約24 cm)小刀=五寸五分(約17 cm)
◆諸金具/柄頭=松に鳥の図 縁金=鳥の図
鍔

長光備前 鍔
◆松に鳥と三日月の図象嵌鉄製仕上げ
その他セット内容
◆太刀架(朴の木・春慶塗)
◆刀袋・ふさ
◆手入具(打粉 手入油)
◆居合道教本
■商品はすべて厳重な検査をパスしたものですが、万一不良品が生じた場合は責任を持ってお取り替え致します。また作品がお気に召さない場合、10日以内であれば返送料のみの負担で返品できます。
■商品は在庫のある場合には10日程でお届け致しますが、在庫がない場合には全品手造りのため2~3ヶ月程度かかることもございますのでご了承ください。